Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スポーツ選手

ガトリン(陸上)の結婚の噂はある?ジャスティンの年収はいくらか!

陸上100mの世界記録保持者で五輪3連覇という偉業を持つ世界最速の男ウサイン・ボルト選手が引退した後、世界トップランナーの座についたジャスティン・ガトリン選手。

最近では、日本のテレビ番組にも登場しているので、ご覧になられた方も多いと思います。そんなガトリン選手に結婚の噂がありますが、本当でしょうか?

また、年収はいくらぐらいでしょうか?陸上短距離の世界トップ選手はどれいらい稼いでいるのか、興味ありますよね。

 今回は、ジャスティン・ガトリン選手の結婚の噂の真偽や、年収はどれくらいなのか、などについて検証してみました。

 

 ジャスティン・ガトリン(陸上)って結婚しているの?相手は誰?子どもがいるって本当?

 

ジャスティン・ガトリン選手は、現在結婚されているようです。今年で36歳という年齢を考えれば、奥さんがいても別に不思議はありませんよね。

 

奥さんの名前は、デイニース(Daynise)さん。そして、2人の間には2010年5月に生まれた

ジェイス(Jace)君という名前の男の子がいます。

 

2012年に、ガトリン選手が報道陣に息子さんを披露したことがあり、そのときの画像も公開されているので、確かでしょう。

 

もっとも、基本的にプライベート情報は本人非公表のため、残念ながらそれ以上のことはよくわかっていません。

 

 


ジャスティンガトリン(陸上)のプロフィール・経歴は?

 

ジャスティン・ガトリン選手は、アメリカのニューヨーク出身で、1982年2月10日生まれなので、今年で36歳になります。

 

陸上短距離の選手として、2004年のアテネ五輪の100mで、9秒85の好記録で金メダルを獲得しました。

 

翌2005年の世界選手権でも、100mで9秒88の好記録で金メダルを獲得しています。

 

ただ、残念なことに、2001年と2006年の2回、ドーピング検査で陽性反応を示したため、しばらくの間、出場停止処分を受けていました。

 

そのため、北京五輪には出場できず、五輪連覇の夢が破れてしまいました。さぞ悔しい思いをしたことでしょう。

 

2010年7月にやっと処分が解除され、競技生活に復帰しました。

 

すると、2012年のロンドン五輪の100mで9秒79という自己新記録で、銅メダルを獲得しました。

 

続いて、2013年8月の世界選手権モスクワ大会でも、100mで9秒85で銀メダルを獲得。空白期間を感じさせない走りを見せてくれました。

 

さらに、2015年の世界選手権北京大会100mで9秒80、2016年リオ五輪100mでも9秒89で、いずれも銀メダルに輝いています。

 

この間、ずっと金メダルだったのがウサイン・ボルト選手でしたから、ガトリン選手は100mで世界ナンバー2の座を保ってきたことになります。

 

そして、ボルト選手の引退レースとなった、2017年の世界選手権ロンドン大会で、初めてボルト選手を破り、金メダルに輝きました。

 

まあ、ボルト選手の走りが絶好調時に比べイマイチだったことを割り引いても、立派でした。

 

35歳にして、なお世界のトップに立ったのですから、本当に大したものですね。

 

当然、2020年の東京オリンピックでも金メダルを狙っているでしょう。

 


ジャスティンガトリン(陸上) 世界選手権大会(2017)の優勝タイムは?

 

 

ウサイン・ボルト選手の引退レースとなった2017世界選手権ロンドン大会での100m決勝タイムは、優勝したジャスティン・ガトリン選手が9秒92、2位は同じ米国のクリスチャン・コールマン選手で9秒94、ウサイン・ボルト選手は9秒95の3位でした。

 

優勝タイムとしては、やや物足りなさを感じます。ただ、ゴール前は横一線の大接戦で、最後まで誰が勝ったのかわからないほど、見る者を興奮させる面白い勝負でした。

 

それに、五輪や世界選手権のような大勝負では、あくまで「記録」よりも「勝敗」が重要だと言われるので、35歳で優勝したガトリン選手の走りは、やはり十分称賛に値するものでしょう。

 


ジャスティンガトリン(陸上)の年収が凄いっていくら!? 内訳と資産とは?

 

世界トップクラスの陸上選手の年収って、いくらくらいなんでしょうか?

 

アメリカの経済誌「フォーブス」が、年収の多い世界のスポーツ選手のランキングを毎年発表していますが、それによると、ウサイン・ボルト選手は2017年版で、3,420万ドル(約37億6,000万円)で23位となっています。内訳は、競技収入が220万ドル(約2億4,000万円)、スポンサー収入が3,200万ドル(約35億.2,000万円)です。

 

凄いですねえ。

 

ジャスティン・ガトリン選手はどうかというと、「フォーブス」のランキング100位までには入っていません。100位で大体23億円ですので、それ以下ということになります。

 

ガトリン選手の年収や資産などについては、詳しい情報が公表されていませんので、あくまで推定に過ぎませんが、大ざっぱに競技収入が約1億円、スポンサー収入が約10億円、合計で11億円ぐらいではないかと言われています。

 

ボルト選手ほどではありませんが、やはり、凄いですよね。羨ましい限りです。

 

また、総資産については、約1億2,400万円と言われています。年収から察するとずいぶん少ないように思われますが、詳細のほどはわかりません。何かよほどの節税対策でもしているのかと推測したくなりますね。

 


ジャスティンガトリン(陸上)のたくましい筋肉とは!?

 

ジャスティン・ガトリン選手は身長185cm、体重79kgという体格で、陸上の短距離選手としては、理想的ともいえる均衡のとれたプロポーションです。

 

もっとも、見た目はしっかりと逆三角形型にしまっていますが、下半身に比べ上半身の筋肉が発達しているのが特徴的です。

 

特に、上腕二頭筋の太さや肩の分厚い筋肉は半端ではありません。「筋肉萌え」にはたまらないでしょう。

 

ただ、ガトリン選手には、悲しいかな「ドーピング」違反の過去があるので、こうした見事な筋肉も「筋肉増強剤」によるものかと思うと、なんか複雑ですね。

 

まあ、それでも、35歳でなお、その筋肉美を維持しているだけでも凄いとは思いますけれど・・・。

 

 


ジャスティンガトリン(陸上)の元彼女は誰?

 

ジャスティン・ガトリン選手は、現在結婚されていますが、過去の女性関係や交際歴は?・・・といったプライベートな部分は公表されていませんので、確かなところははっきり言ってわかりません。

 

ただ、一時期、エイシャ・ロシ(Aysia Lothi)さんというアジア系のアメリカ人女性と交際していたという情報がありました。ただ、それがいつ頃のころで、どれくらい交際が続いたのか、といったところまではわかりません。

 

スポーツ選手はモテるとか、女遊びが派手だとか、よく聞きますが、ガトリン選手については、浮いた噂はあまり聞こえてこないようですね。

 


ジャスティンガトリン(陸上)の今後は?

 

22017年の世界選手権100m決勝でのレース後、優勝したジャスティン・ガトリン選手に対して、観客席から大きなブーイングが起きたのが印象的でした。

 

本来ならば、勝者に対する称賛の声で沸き上がるはずなのに・・・。

 

おそらく、多くの観客がボルト選手の予想外の敗北に落胆するあまり、ドーピング違反でダーティーなイメージがついてまわるガトリン選手に、うっぷんをぶつけたのではないかとも言われています。

 

ボルト選手がヒーロー視されるのに対し、ガトリン選手はヒール(悪役)として、ずいぶん損している感じがします。

 

さらに追い打ちをかけるように、その後、「ジャスティン・ガトリン(米国)にドーピング疑惑が再浮上した」と、英国のマスコミが報じました。

 

身分を隠した記者に対し、ガトリン選手を指導していたコーチと選手代理人が禁止薬物質で筋肉増強効果があるテストステロンやヒト成長ホルモンの売買を申し出たということです。

 

そのため、国際陸連で不正行為の調査や告発を扱う独立監視部門と、米国反ドーピング機関(USADA)が調査に乗り出したそうです。

 

ガトリン選手は、この疑惑を強く否定して、コーチを解任したとのことですが、大きなショックを受けたと報じられています。

 

その真偽のほどは定かではありませんが、いずれにしても、ガトリン選手は現時点では、来年の2019年世界選手権ドーハ(カタール)大会や東京五輪の金メダル候補の最有力候補には違いありません。

 

当分、目が離せませんね。

 


ガトリン(陸上)の結婚の噂はある?ジャスティンの年収はいくらか!まとめ

 

 

今回は、陸上100mの新しき世界王者ジャスティン・ガトリン選手は結婚しているのか、年収はいくらぐらいなのか、などについてまとめました。

 

プライベートについては公表されていませんので、必ずしも確実な情報とは言い切れませんが、ガトリン選手はすでに結婚していて、お子さんもいるようです。

 

年収は推定で約11億円と、陸上選手としてはボルト選手に次いで稼いでいます。

 

今年36歳と、短距離選手としてはベテランですが、ボルト選手引退後の世界のトップランナーとして活躍しているのは立派ですね。

 

東京五輪に向けて、今後に大いに注目です。