Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
文化人

前田裕二が帰化した理由とは?両親の死因が関係しているのか! 

前田裕二さんが帰化したという噂がありますが、理由が気になりますよね。しかも、両親の死因も調べてみたら、あることがわかったんです。

石原さとみさんとの交際が発覚した前田裕二さん。

今回は、前田裕二さんが帰化した理由と、両親の死因について徹底調査したいと思います!

前田裕二が帰化したという噂は本当?

前田裕二さんと言えば、IT企業「SHOWROOM(ショールーム)」の代表取締役として活躍されています。

「SHOWROOM(ショールーム)」はどんな会社かというと、動画ストリーミングサービスを提供する会社です。

 

韓国から帰化したという噂が流れていますが、実際のところどうなんでしょうか?

 

ネット上の情報はと言えば、「日本国籍から帰化した」とだけ書いてあり、元の国籍は書いてありません。

ですが、顔立ちもアジア系ですし、韓国ではないか?との噂です。

前田裕二の両親の死因は何だった?

前田裕二さんの両親は、前田裕二さんが幼いころに他界しています。

8歳の時のことだったようです。

 

実のところは、父親は一緒に住んでいたわけではないようです。

 

父親がいなくなってからは、親戚の家で暮らしていましたが、母親も前田裕二さんが8歳の時に亡くなってしまったようです。

 

詳しい死因については明らかにされていませんが、母親一人で子供たちを養うのは簡単なことではありませんので、疲労もたまっていっていたのかもしれません。

前田裕二の生い立ちとプロフィール 出身高校はどこ?

 

前田裕二さんと言えば、IT企業「SHOWROOM(ショールーム)」の代表取締役として活躍されています。

 

この若さで社長に登り詰めた生い立ちは、壮絶なものだったといいます。

 

若くして両親を亡くした前田裕二さんは、10歳年上のお兄さんと一緒に暮らすことになります。

 

 

前田裕二の気になる経歴と年収は?ノート術とは?

今人気の「SHOWROOM(ショールーム)」の社長さんとなれば、稼いでる金額は相当なものと予想されますよね、

年収はいくらくらいなんでしょうか?

前田裕二さんは、「SHOWROOM(ショールーム)」を起業する前は、外資系の金融会社に勤めていました。

入社2年目でニューヨークへ赴任して働いていたと言います。

だから、英語もペラペラ

むしろ、その時の方が稼いでるかもしれません。

アメリカにも渡って仕事をしていたくらいですから、年収にすると数千万にはなるかもしれませんね!

幼くして両親を亡くしているので、自分の力で稼ぐ!という点に関しては強く思っていたと言います。

見かけはチャラく見えてしまいますが、きちんとした芯を持った方なんですね。

今現在の会社自体は負債を抱えていたりするんですが、2017年には黒字化し、これからが期待される企業じゃないでしょうか。

最初の何年かは事業の投資も必要でしょうから、どうしてもお金が出て行ってしまうんですよね。

それでも、石原さとみさんとリゾート旅行に行けるくらいですから、数千万はもらっているんではないでしょうか。

スポンサーリンク

そして、気になるのが前田裕二さんが実践しているというノート術について。

事業で成功している人の多くが、PDCAノートをはじめとするノート術を活用していますよね。

前田裕二さんも例外ではなく、メモ魔なくらいノートを取っているんだとか。

自分が思いついてたアイデアや考えを記しているようです。アメリカに赴任していた時に培ったことだそうです。

普段習慣にしていることでも、読書をするにもアウトプットを前提として読んでいく。アクションをすべてリスト化する。健康管理は仕事の一部など、個人としてしっかりとした考えをもっているようです。

やはり、若くして起業するくらいですから、普通のことをしていても稼げませんものね。そして、家族を大切にするということも挙げられています。

これは、やはり幼少期の経験からくるものだと思われますが、ここでも、親代わりであったお兄さんの考えが強く影響していますね。

将来、家族を持ったときにもいいお父さんになるのではないでしょうか。

この前田裕二氏のノートの活用法についても、著書で語られています。