Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
ジャニーズ

山口達也はアルコール依存性で通っていた病院はどこ?震えが心配…

山口達也さんはアルコール依存症で入院していたという噂がありますが、本当なんでしょうか?病院はどこなのか気になりますよね。
もしかして、症状は末期だったのでしょうか?

謝罪会見でマイクを持つ手が震えていたのが印象的でした。

今回は、山口達也さんがアルコール依存症で入院していた病院はどこなのか?アルコール依存症の末期の症状だったのか?についてリサーチしました。

山口達也はアルコール依存症で入院していたの?

山口達也さんが入院していたのは、2018年1月15日~2月12日です。

この間、何を治療していたんでしょうか?

ニュースには、”お酒”というワードばかり注目されていますね。

というわけで、アルコール依存症で入院していたのでは?という情報がネット上に流れています。

情報番組のキャスターやコメンテーターも、退院後にすぐ飲酒するのは、アルコール依存症に違いない!という風に言われてますしね。

でも、どの情報も推測であって、事実ではないです。

今回は、肝臓の数値が悪かったために、お酒を控えて正しい食生活を行うための入院だったようです。

お仕事も、病院から通われていたそうです。

テレビでは普段とかわらない印象だったので、びっくりしましたね。

ということで、今回入院していたのは、肝臓が数値が悪かったから。というのに問題はなさそうです。

ただ、今後は分かりませんよね。

今回の入院は、肝臓が悪かったからっていうのは本当だと思いますが、普通は家庭で食事制限なり、禁酒なりできれば必要ない入院だったと思います。

自分でお酒をセーブすることができない=アルコールに依存している

ということですので、今回は無期限の謹慎という処分が下されましたが、山口達也さんは復帰したいと言われてます。
今後復帰していくとなるとアルコールの量をコントロールするっていうことは、必須だと思うので、今回の謹慎を利用して、きちんとした診断を受け、適切な治療を受けっていうことが大事だと思います。

人間、過ちをおかしてしてしまうことってあると思うんです。
今回のことは、絶対にしてはいけないことでした。だけど、それで人生が終わるっておかしいですよね。
だから、それを反省していかに次に続けていくかが大事ですよね。

テレビではいろんな人がいろんなことを言ってますが、アルコールにまつわる問題って他人事じゃなくて、お酒を飲む方なら、だれでもなってしまう可能性があるんです。
どうか、山口達也さんに一緒にアルコールを抜け出すことができるようにお手伝いしてくださる人がいることを願ってます。

山口達也がアルコール依存症で入院していた病院はどこ?

もし、入院の目的がアルコール依存症だとしたら、都内近郊であれば

  • 慈友クリニック
  • 東京アルコール医療総合センター
  • 東京都立松沢病院
  • 西山クリニック

あたりが有力かなと思います。

どこも、アルコール依存の治療に長けている病院です。
ただ、今回の入院の目的は”肝臓の数値が高かったため”だそうで、まだアルコール依存症の治療が目的ではなかったようです。
ですので、まだこれらの病院にかかる段階ではなかったのかなと思います。

今回、アルコールを摂取すると人が変わるということが露呈してしまいましたが、逆にいい機会になったと思います。
今後、これらの病院で治療する可能性は、大いにあると思います。

山口達也は何で女子高生が呼べたのか?どこで知り合ったの?

ところで、疑問がわきませんか?そう!
山口達也さんって、どこで女子高生と出会ったのか!

もしや、出会い系??
何て、考えてしまいましたが、どうやら違うようです。

山口達也さんは、NHKで「Rの法則」という、10代女子に向けた番組の司会をしているんです。
今回の被害者である女子高生とは、この番組で出会ったようですね。

山口達也さん、お酒を飲んでいない時はとってもいい人らしいので、呼び出しも仕事の延長くらいで考えていたのかもしれませんね。

行ってみたら、思ってたよりも酔っぱらってしまっていて、すごくびっくりしただろうなと思います。

山口達也さんと交流のある芸能人の方も、アルコールが入ると人が変わるとまで言っていますので。

今回は、キスだけで済んで…というか、いやダメですが、良かったと思います。

これより重い罪になっていたとすると、さすがに復帰は難しいよなと思ってしまいますね。

今回は、そういう意味では、アルコールと縁を切るいい機会ですよね。
元SMAPの草彅さんも、お酒で問題を起こした時にはすごく反省されて、その後何年もお酒は一滴も飲んでいない!ということも言われていました。

山口達也さんも、想像を絶する大変さだとは思いますが、将来のことを考えても、頑張ってほしいでと、個人的には思っています!

山口達也のアルコール依存症は末期症状だった?完治にはどれくらいかかる?

アルコール依存症は、お酒を飲む人は誰でもなる可能性がある病気です。
自分では、お酒の量をコントロールできない状態であるため、病院での治療が必要です。

山口達也さんの謝罪会見でも、手の震えが印象的でしたよね。
あれは、アルコール依存症の禁断症状なのか、という声も聞かれました。
ともあれ、すごく憔悴しきった状態でしたし、緊張のあまり手が震えてしまっていたのかもしれません。

アルコール依存症の症状というのは、段階があって、まずは飲酒を習慣的にし始めることからはじまります。
いわゆる、晩酌ですよね。
そして、晩酌と依存症の境界線というのがあります。
お酒がないと、なんだか物足りなく感じたり、緊張するとそれをほぐすのにお酒にたよるようになったり。

こうなってくると、依存症に足を突っ込んだ感じになってきますね。
それから、生活の中でお酒を飲むことが一番の優先事項になってしまいます 。

そして、依存症になってしまうと、身体的な症状が出てきます。
依存症の中期でトラブルが表面化し、末期には食事をきちんととらなくなる。
アルコールを飲まないとうつ状態になってしまう。
自分ではコントロールして飲もうとするのに、コントロールできなくなる。

アルコールに自分を支配されてしまうと、一人ではどうにもできなくなってしまいます。
こうなる前に、誰かに頼ってほしかったですね。

山口達也さん一度は結婚されてますが、その後2016年に離婚されています。
その時の原因にお酒のことも触れていたようですので、相当長い間解決できずにいたんだなという印象です。

完治には、うまくいったとしても2年はかかると言われています。
長い治療になると思いますが、頑張ってほしいです。

今回の関連記事はこちら
>>山口達也の書類送検は2回目だった!そのびっくりな内容とは?
>>山口達也のアルコール依存症は嘘?示談金目当てだったの!

山口達也はアルコール依存症で入院していた病院はどこ!末期症状だった?まとめ

山口達也さんがアルコール依存症で入院していた病院はどこなのか、会見での手の震えは末期書状だったのかリサーチしました。
山口達也さんは、アルコール依存症で入院していたのではなく、肝臓の数値を改善させるためだったようです。

ですが、今後通うということになれば、上記で挙げた病院に罹る可能性は高いと思います。
謝罪会見での手の震えは、アルコール依存症の末期症状とも取れますが、かなりの緊張をされていたと思いますので、その緊張のせいであるとも考えられますので、はっきりとは言えないですね。

これから、山口達也さんが元気に回復されますように、まずは精神と体を休めていただきたいですね。