Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スポーツ選手

田中将大の身長が191㎝はデマ?プロ入りでまた伸びたのは!

田中将大選手の身長が191cmはデマというのは本当でしょうか?またプロ入りからまた伸びたのかどうかも気になります。
田中将大選手といえばメジャーで活躍する有名な投手ですよね。
そこで今回は田中将大選手の身長が191cmはデマなのかとプロ入りから伸びたのかについてリサーチしました!

田中将大の身長と体重は本当のところはどのくらい?

まずは簡単なプロフィールを紹介させて頂きます。
田中将大選手は1988年11月1日生まれ、兵庫県出身のA型です。田中将大選手は小学校1年生の時に軟式の少年野球チームに入り野球を始めました。打撃の練習ではホームランを連発していたそうで、当時からすごい才能があったことがわかりますね。
駒澤大学付属苫小牧高等学校を卒業後、2007年から2013年に東北楽天ゴールデンイーグルスに所属しました。当時野村克也監督が言った「マー君、神の子、不思議な子」は記憶に残っておられる方も多いのではないでしょうか。2014年からニューヨーク・ヤンキースに移籍し、メジャーで活躍している投手です。
田中将大選手の身長と体重ですが、公表されている身長は191cm、体重98kgとなっています。プロ野球選手の平均身長は180cmほどなので、その中でも高い部類に入りますね。また、身長が高いと筋肉量が多くなるので速い球を投げるのに有利です。身長の高さも田中将大選手の豪速球を投げる強さにつながっているのかもしれませんね。

田中将大のこれまでの成績は?

まずは東北楽天ゴールデンイーグルス時代の成績です。
2007年は28試合11勝7敗、2008年は25試合9勝7敗、2009年は25試合15勝6敗、
2010年は20試合11勝6敗、2011年は27試合19勝5敗、2012年は22試合10勝4敗、
2013年は28試合24勝0敗となっています。比べてみればわかるように大きく成長したのは2011年で勝ち数が大きく伸びています。さらに、日本最終年となる2013年の成績が群を抜いて凄いのがわかりますね。
次はメジャーでの成績です。
2014年は20試合13勝5敗、2015年は24試合12勝7敗、2016年は31試合14勝4敗、
2017年は26試合11勝10敗となっています。2016年が最もよく、2017年には負け数が増えており、初の10敗 を記録しています。しかし、田中将大選手はまだ29歳。これからも活躍が期待できますので頑張って欲しいですね。

メジャーで日本人投手がケガをしてしまう原因はあるの?

メジャーで活躍をしている日本人投手ですが、肘の故障をしてしまう選手も多いようです。田中将大選手だけでなく、ダルビッシュ有選手、松坂大輔選手など投手の多くが移籍後ほどなくし肘を故障しメスをいれています。原因は子どもの頃の投げすぎ、変化球(スライダー)の多投、正しくない投球フォーム、馬革で滑りやすくサイズも重さも大きいメジャー公式球など様々なものが挙げられます。
その中でも中4日先発5人によるメジャーリーグのローテーションに原因があると考えられています。日本では月曜が定休のため中6日が主流なのですが、メジャーでは不定休のため中4日が基本となっているのです。たった2日と思われるかもしれませんが、時間にすると48時間もあるので身体を酷使する投手にとって大きな差があるようです。今までと違う環境でのプレーで肘を壊してしまうのかもしれませんね。

プロ入り後に身長が伸びたって本当?

田中将大選手は球団の健康診断を受けたところ、21歳を迎え身長が伸びて185.9cmから187.6cmになっていました。一般的には男性の身長が伸びるのは15歳から18歳ごろまでと言われています。21歳にして1.7cmも身長が伸びるなんてすごいですね。
また、田中将大選手の身長は、メジャーリーグの公式サイトでは6フィート 3インチと表記されています。1フィートは30.48cmで、1インチは2.54cmなのでおよそ191cmになります。日本にいる時よりもさらに3cm近く差があります。ですがアメリカでは靴を履いて身長を測るのが普通のため、身長が伸びたのではなく靴込みだとそれくらいの身長になるのかもしれませんね。メジャ-に行ってから身長が伸びたのかは測り方が異なるため不明ですが、東北楽天ゴールデンイーグルス時代に身長が伸びているため噂は本当のようです。

スポンサーリンク

ローテーション中4日はきつい?ダルビッシュも警鐘!

先程メジャーで日本人投手がケガをしてしまう原因の際に、日本では中6日が主流で、メジャーでは中4日が基本ということを述べました。ではメジャーは日本に比べ過酷な環境なのでしょうか。
メジャーでは投手の肩を守るために試合では100球の制限が設けられています。日本は基本的に1試合140球くらいが目安なので、メジャーは球数が少なく登板間隔が短い、日本は球数は多いが登板間隔は長いということになりますね。
ダルビッシュ有選手は、投球数はほとんど関係なく120球、140球投げても中6日あれば靭帯の炎症も全部クリーンにとれると登板間隔を長くする必要があるというコメントをしています。
現に2013年時点のメジャー先発投手360人中124人が肘の靭帯移植手術を受けているというのが現状です。日本人の肘が弱いのではなく、どの選手もこのローテーションは厳しいということですね。
メジャーで活躍する夢を叶えても選手生命が短くなってしまっては元も子もありません。はやく現状を打破する良い解決策を考えて欲しいですね。

田中将大の筋トレ方法とは?

田中将大選手の体脂肪率は、10%台後半とのことです。あの田中将大選手の太い腕をみれば頷ける数値ですね。
田中将大選手はダルビッシュ有選手による筋トレ塾に参加した際に様々なトレーニングを受けたようです。ケーブルマシン、ベンチプレス、オーバーグリップ、ケーブルプレスダウンなどなどです。ベンチプレスは聞いたことがありますが、他のは素人の私からしたら何のことかさっぱりです。私のように全然わからない方もいらっしゃると思うので、上記のものからケーブルマシンについて紹介していきます。
ケーブルマシンは、ファンクショナルトレーニング又はウエイトトレーニングを行う際に使われる器具の1つです。これを使えば、普段の筋トレにプラスアルファの刺激を与えることができ、筋肉の増強に更なる効果を期待することができるのだとか。更に、ケーブルマシンを使って筋トレを行うと、体幹までもが鍛えられるため、全身の筋肉をバランスよく使うことができるのだそうですよ。はやり田中将大選手の素晴らしい肉体には筋トレなどによる地道な努力があるようです。

田中将大の息子も高身長?

田中将大選手はタレントの里田まいさんと結婚し、息子さんがいます。日本テレビ系「しゃべくり007」に出演した際に子どもが大きいとお話しされていました。
田中将大選手の子どもの頃もかなり大きかったそうなのですが、さらに彼よりも子どもの方が大きいと田中将大投手の両親が言っていたそうです。親御さんが言うなら間違いないですね。
その田中将大投手の子どもの体のサイズについてですが、2018年1月の1歳10ヶ月時点で身長90cm、体重15kg、靴のサイズは16cmもあるのだとか。1歳10ヶ月の子どもの平均身長と体重は83.9cm、11.3kgです。かなり平均よりも大きな子どもだということがわかります。現在はますます大きくなっているのでしょうね。息子さんなので田中将大選手と同様野球をするのでしょうか。これからの成長に注目ですね。

田中将大の身長が191㎝はデマ?プロ入りからまた伸びた?まとめ

田中将大選手の身長が191㎝はデマなのか、またプロ入りからまた伸びたのかどうかを調査しました。
身長はアメリカでの測定の仕方だと191cmということがわかりました。また、プロ入り後に身長が伸びていることもわかりましたね。
現在様々な日本人選手がメジャーで活躍しています。田中将大選手にも日本にいた頃のような素晴らしい記録をぜひ打ち出してほしいですね。