Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スポーツ選手

平野美宇の妹 インタビューの内容は?発達障害者って本当か!

平野美宇の妹がインタビューに答えたことがありますが、内容が気になりませんか?
しかも、発達障害者という噂まで出回っていますが、それって真実なんでしょうか。

最近は、テレビでの露出も増えて、プライベートな面にスポットが当たってしまうことも多くなってきましたよね。

今回は、平野美宇の妹がインタビューに答えた内容と、発達障害者の噂について検証してみました。

平野美宇と妹亜子のプロフィール

平野美宇さんは、2000年4月14日生まれの山梨県出身の卓球選手です。
身長は158センチ、体重45キロです。
この小柄な身体からあの力強いショットが出ていると思うと驚きですね。

3歳という幼いころから卓球をはじめています。
福原愛さんといい、すごい卓球選手は幼いころから卓球を始めている人が多いのかもしれませんね。
2004年4月旧田富町ラージボール卓球大会で大会デビュー、7月に全日本卓球選手権大会バンビの部に史上最年少で出場しています。負けそうになると悔しがって泣いていたので、マスコミから「第2の愛ちゃん」と呼ばれ一躍有名になりました。

女子ダブルスでは「みうみま(平野美宇さんと伊藤美誠さん)」コンビとして世界で活躍し、2013年1月全日本選手権で大会最年少勝利という偉業を達成しています。2月ITTFワールドツアーカタールオープンという大舞台で史上最年少で表彰台を果たすなどの成績を残しました。

また、シングルスでも次々と最年少記録を叩き出し2016年6月には、第54回世界卓球選手権個人戦で48年ぶりの日本人メダル獲得を成し遂げました。
2018年4月時点ではITTF世界ランキング6位と、日本人選手としては石川佳純さんの次に高いランキングとなっています。今後も活躍に注目ですね。

妹の平野亜子さんは、平野美宇さんと同じく卓球選手です。卓球を始めた理由は寂しかったためだといいます。母親が平野美宇さんの遠征に付き添い家を留守にしがちだったため、6歳で卓球を始めています。

平野美宇の妹・平野亜子の発言やインタビューを調査

平野美宇さんはインタビューの時、テンションが高く笑顔で受け答えをする方なのに対し、平野亜子さんはインタビューを受けるときに笑顔が少ない印象です。
以前に平野亜子さんが姉の平野美宇さんの活躍についてインタビューを受けた時には、質問には答えずに「困る、困る」と母親に言っていました。この発言や態度などから、平野亜子さんは発達障害者では、という噂が流れたのです。

平野美宇の妹・平野亜子は発達障害者なのか!意外と多い

母親である平野真理子さんは2017年6月30日に「美宇は、みう。」という本を出版されています。その中で平野亜子は発達障害者であることを告白しています。また、週間雑誌 「女性自身」でも同様の発言をされており、平野亜子さんが発達障害者ということは間違いないようです。

母親の真理子さんは、美宇も亜子も子育ては同じと必要以上に病気に左右されない子育てをされていたようです。素晴らしい考え方ですね。
現在は小中学生の15人に1人は発達障害者であると言われています。発達障害者は好きなことや興味のあるものなら何時間でも熱心に取り組めるという過集中という性質をもっていることもあります。平野亜子さんの場合は卓球ということになりますね。

他にもピアニストの野田あすかさんやモデルの栗原類さん、テレビタレントの黒柳徹子さんも発達障害者であることを明かしています。発達障害者の方も多く社会で活躍されていますね。

平野美宇の妹は発達障害者?発達障害とはどんな病気なのか

前述のように平野亜子さんは発達障害者のようです。では、発達障害とはどのような病気なのかというと大きく3つに分けられます。
ASD(自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群)・ADHD(注意欠如多動性障害)・LD(学習障害)となりいずれも脳機能に関するものです。発達障害は先天性の脳機能障害であるといわれています。

症状は、得意なこと不得意なことの差が健常者と比べると非常に大きかったり、他の多くの人と比べて違った物事の感じ方や考え方をしたりすることが多くあります。
発達障害は、医療機関や相談機関で面談やテストを受けて初めて診断が出来るものだといわれています。もしも発達障害である懸念を持った場合、なるべく早い時期に診断を受けることが大切だそうです。

現段階では治療法はないですが、障害の特性を見にくくする薬が開発されています。また、適切な療育・訓練で症状を改善し社会適応能力を伸ばすことが可能といわれています。

最近では発達障害者を積極採用する企業もある!

ソフトウェアの開発を手がける米国のIT企業、SAPでは発達障害者を積極的に採用しています。一つのことにこだわりすぎる人はスケジュールを細かく管理する仕事に、集中力がないものの発想がユニークな人は新規事業のアイディアを発案させるなどその人の個性に合った仕事に就かせているといいます。日本ではまだまだ発達障害に対しての知識が乏しく、偏見を持っている人が多い印象です。日本でもこのような考え方が広まって欲しいですね。

平野美宇の妹の卓球の実力!両親ともに卓球経験者だった!

平野亜子さんは姉の平野美宇さんに負けない位の実力を兼ね備えているといいます。6歳で卓球を始めてから、大人でも扱いが難しいと言われている「粒高」という表裏に細かく長い粒が付いているラケットで特訓を重ね、今は魔球を繰り出せるまでに成長されています。打つタイミングにも他の人とは違う様で、独特のリズムを作り出しています。

2016年8月に上海で開かれた、国際大会に日本代表選手の一人として出場し、見事勝利したそうです。さらに10月に行われた関東大会では、団体戦で出場し見事を掴んでいます。平野美宇さん同様、これからの活躍が楽しみですね。いつか2人でオリンピックに出場している姿が見られるかもしれないですね!

両親は二人とも筑波大学卓球部の元主将という実力者です。父親は内科医、母親は大学を卒業後、10年間静岡県で教鞭をとっていたそうです。現在母親は「平野英才教育研究センター卓球研究部」で指導をしています。従兄弟も男子卓球の世界選手権に出場しているそうですよ。まさに卓球一家ですね。

平野美宇が妹の世話をしている?

姉の平野美宇さんが実家に戻ったときは、卓球で妹の亜子さんの相手をしているそうです。美宇さんからアドバイスをもらうと「美宇ちゃんが教えてくれた」と大はしゃぎし、亜子さんは一生懸命練習をするそうです。

雑誌の記事にはこれだけしか書かれていませんが、多忙な生活の中、頑張っている亜子さんにアドバイスをしている姿は微笑ましいですね。また、妹の亜子さんが姉の美宇さんのことを下の名前で呼んでいるところから仲の良さが伺えますね。

平野美宇は伊藤美誠と不仲の噂は本当?

2017年1月28日に行われたイベントの中で平野美宇さんと伊藤美誠さんがインタビューを受けた際のコメントで不仲説が浮上したようです。記者からペアを解消して寂しいかといった質問を受けると伊藤美誠さんは仲間なので励まし合って頑張りたいとコメントしています。

一方の平野美宇さんは部屋とかも同じにならないので、今までより仲良くしていいとコメントしたことから仲良くする必要はないとのニュアンスとして広まってしまったようです。

平野美宇さんのこの発言は、選手として大切なのは試合に勝つことで、良きライバルとして共に成長できる仲でいることが重要という意味での発言だと思われます。よって不仲ではないといえると思います。

>>伊藤美誠が生意気で嫌いな人続出?顔が大きいか検証!

平野美宇の妹 インタビューの内容は?発達障害者って本当か!まとめ

平野美宇選手の妹のインタビューの内容についてと、発達障害者の噂について検証しました。

東京オリンピックに向けて、ますます目が離せない存在になりそうですね!期待したいと思います(*^-^*)