Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
文化人

瀬戸内寂聴は若い頃に娘を捨てた?子供の現在が気になる!

瀬戸内寂聴さんは、若い頃に娘を捨てたという噂が流れていますが、本当でしょうか?
本当に子供がいたとして、現在は何をしているのか気になりますよね。

最近はバラエティーに出演する回数も増えてきました。

今回は、瀬戸内寂聴が若い頃に娘を捨てたって本当なのか、リサーチしました!

瀬戸内寂聴さんの若い頃の娘との画像は?

瀬戸内寂聴さんの若いころの娘との写真がないか…とネット上をかなり探し回りましたが、
すっごい昔ということ。

娘さんは一般人であること。

これらを加味して写真や画像を流すことは控えたのかもしれませんね。

名前でも出ようものなら、すごい勢いでマスコミが記事にしますもんね。

瀬戸内寂聴と娘の現在の関係は?子供と和解したのか?

瀬戸内寂聴さんは、子供が3歳の時に駆け落ちし、結果的に子供は置いてくることになってしまいました。
後に、自分の手で引き取りたかったけど、経済的にどうしても無理だった。と告白されています。
泣く泣くだったのがうかがえますね。
女性の連れ子が新しい旦那さんになつかなかったり、虐待を受けたりするパターンもあるので、結果的に良かったかもしれません。
子供の立場に立ったら、あえいえないことなんですけど、子供には寂しい思いはさせたくないものですよね。

瀬戸内寂聴の不倫相手は誰?

瀬戸内寂聴さんは、大学を卒業後21歳で結婚し、学者だった旦那さんについて、中国の北京に2年ほどついて行っていました。
瀬戸内寂聴さんの妻っぷりはしっかりしていて、家事や育児なども完璧にこなしていたそうです。

しかし、慣れない環境や回りに頼れる人がいない状況から、次第にストレスは溜まっていっていたでしょうね。
そして帰国後、瀬戸内寂聴さんはある人との恋愛に走ってしまうんです。

その方は、なんと旦那様の教え子。
しかも、自ら旦那様に告白してしまいます。当然のごとく離婚となり、娘とはこのあと25年も合うことはありませんでした。

瀬戸内寂聴が小説家になるまでの人生

実家は仏壇店を営んでおり、次女として生まれました。

そして、瀬戸内の家に養子に入ることになり、現在の瀬戸内性となりました。

スポンサーリンク

瀬戸内寂聴さんの実家は仏壇店?

実家は仏壇店を営み、当時としては裕福な家庭で育ったんだな。
というのが想像できます。

瀬戸内寂聴が小説家から尼僧になるまで!

瀬戸内寂聴さんは、若いころのあれやこれやが原因で、なかなか出家を受け入れてくれるお寺はありませんでした。
元々は修道女になりたかったようですが、門前払いだったようです。

当然といっちゃあ、当然ですけどね。

小説家としては、次々に本が出版され、自分の恋愛人生を描いた、「夏の終わり」では賞を獲得します。
そして、この作品は映画化もされることになり、主演は満島ひかりさんで公開されました。

瀬戸内寂聴の尼僧としての人生

尼僧としての人生は、みなさん知っての通りですね。

最近はよくテレビで、そのライフスタイルを見せていますね。
尼僧なのに、しもふりのお肉を買い、お客さんが来れば、昼間っからお酒を飲んでいるそうですね。

1度は病に倒れながらも、戦い、無事に復帰を果たしています。
もう御年95歳になりますが、全然見えないですよね!
素晴らしいーー

瀬戸内寂聴さんのプロフィール

名前 せとうちじゃくちょう
本名 瀬戸内晴美(せとうち はるみ)
生年月日 1922年5月15日生まれ
出身地 徳島県出身
学歴 東京女子大学卒業

本名が意外とかわいいでよね。
晴美と書いて「はるみ」ってなかなかいい名前ですよね。
御年95歳というから驚きです!

元気の秘密は何なのか、気になります…!!!
この年になっても、全然太ってないですもんね!

食事の管理は、秘書の方がされているそうですね。
お昼のランチを霜降り肉でいただいてました。うらやましい…

瀬戸内寂聴は若い頃に娘を捨てた?子供の現在が気になる!まとめ

瀬戸内寂聴さんが若い頃に娘を捨てたというのは、事実でした。しかし、仕方なく手放したという感じで、本当は連れて行きたかったと語っていました。
子供の現在については、一般人ということもあり、名前や画像は伏せてありますね。

また、これからもテレビにっ出る機会も多いでしょうから、そこで明かされるかもしれませんね。