Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
文化人

明石定子医師は小林麻央の主治医だった?プロフィールと夫や子供は!

2018年12月3日放送の「プロフェッショナル仕事の流儀」へ出演予定の明石定子医師。

乳腺外科の医師で、小林麻央さんの手術を担当したとも言われています。

実際のところはどうなんでしょうか?

  • 明石定子医師は小林麻央の手術を担当したのか
  • 明石定子医師のプロフィールと夫や子供について

調べてみました。

明石定子医師は小林麻央の主治医だったって本当?

明石定子医師が小林麻央さんの主治医だったという噂が流れているようです。

小林麻央さんが2016年・6月に進行性乳がんだと公表された際、
乳がん治療をしている病院はどこだ?と話題になったことがありました。

その時に、乳がん治療の名医が居る事で昭和大学病院が候補になり、
明石定子医師の名前が書かれていたようです。

しかし、実際は小林麻央さんは昭和大学病院で治療はしていなかったそうです。

つまり、明石定子医師は小林麻央さんの主治医では無かったという事になります!

明石定子医師は2017年、ピンクリボンセミナーでこんなことを語っていました。

小林麻央さんが乳がんを患った際に、
テレビ局が20代の方への検診を呼び掛けていたことがあったそうです。

しかし、若い人の検診はマンモグラフィーの被爆などのリスクがあるそうで、
まずはセルフチェックを行う事が大事なようです。

そして、インターネットなどの情報に振り回されないようにしてほしいと、
注意を呼び掛けていました。

小林麻央さんの乳がんのニュースは、
若い人たちにも影響力が大きかったほど、衝撃的でしたよね・・

明石定子医師のプロフィールを紹介

ここで、明石定子医師のプロフィールをご紹介します!

明石 定子(あかし さだこ)

昭和大学病院 乳腺外科勤務

1965年 兵庫県姫路市出身

1984年 兵庫県立姫路西高等学校 卒業

その後、東京大学理科Ⅱ類に入学

在学中、男女差別がない仕事がしたいと考えていて、
医師を目指すようになったそうです。

大学3年生に進級する際、10人ほどしか入れない医学部へ進める枠に、
見事合格して医学部へ進みます。

明石定子医師は、東大出身だったんですね!

もちろん通っていた高校は進学校だったそうですよ。

男女差別がない仕事をしたいという理由で医師を目指したそうで、
この時から女性の立場を考え助ける、強い志があったんでしょうね。

東京大学医学部を卒業後、
明石定子医師は、東京大学医学部付属病院第三外科へと入局します。

入局当初は、外科といえば男性の影響力が強い職場だったようで、
「女性用の当直室はないよ」など言われたり、
辛い思いも経験してきたそうです。

しかし、その状況が明石定子医師の気持ちを奮い立たせていったようです。

その後、国立がん研究センター中央病院外科のレジデントとして、
様々な手術の経験を積んでいきます。

明石定子医師は、これまでに2000例以上の手術を経験し、
年間100件を超える乳がん手術をすることもあったようです。

これだけの経験を積まれていて、腕がとても良いことから、
明石定子医師は「神の手」と呼ばれているんだそうです!

本当にすごい方なんですね!!

女性医師でこんなに認められている医師は、
なかなか日本では居ないですよね?

明石定子医師の夫は何をしてる人?

明石定子医師は、29歳の時にご結婚されています。

夫がどんな方なのか調べてみましたが、残念ながら情報はありませんでした。

明石定子医師が、国立がん研究センターでレジデントとして経験を積み、
その後、乳腺外科を選ぶときには夫や家族は反対することなく、
理解や協力をしてくれたそうです。

現在は、昭和大学医学部乳腺外科准教授にまでなられているので、
明石定子医師がずっと医師として仕事が出来るように、
夫が支え続けてくれたのでしょうね。

明石定子医師が「神の手」と呼ばれているのは、
患者さんの気持ちを考え、術後に痛みが少なくなるように、
気遣いながら手術しているのだとか。

痛みが少ない事で、ストレスが減って治りが早くなるそうですよ!

さらに、手術中は傷が綺麗になるように意識して臨んでいるのだそうです。

手術の跡は、女性は特に気になってしまうものです。

明石定子医師の素晴らしい技術と患者さんへの気遣いによって、
「神の手」と呼ばれるようになったんでしょうね。

そんな明石定子医師を支え続けた夫も素晴らしいですね!

明石定子医師の子供は何人で何をしている?

明石定子医師には、お子さんがいらっしゃいます。

37歳の時になんと、双子の男の子を出産されたそうです!!

明石定子医師は当時、職場である乳腺外科は3名しか医師が居なかったそうで、
早く復帰する必要があり、産後3カ月で職場復帰したのだとか。

双子の子供たちを育てながらの育児はとても大変だったようです!

院内保育園の手続きをしたり、仕事の合間に授乳しに行ったりと、
職場復帰直後は睡眠不足にも悩まされたとか。

しかし、家族や職場の理解や協力もあって助けてもらったそうです。

明石定子医師の両親や夫の両親が、
1か月おきに泊まりに来てくれて、子供たちのお世話をしてくれていたそうですよ。

ご両親達もとても協力的で素晴らしいですよね!

さらに職場では、子供が3才になるまでは当直は免除という決まりがあったようで、
緊急に呼び出しが来ることがなかったので、恵まれていたようです。

ちょうど明石定子医師と同じように、
お子さんを院内保育園に通わせている女医さんが居たそうで、
一緒に子供を預けられたことも精神的に楽だったそうです。

周りの協力など恵まれた環境で居られたこともあり、
明石定子医師は仕事に集中することが出来たのでしょう。

現在、双子のお子さんたちは中学3年生だそうです。

明石定子医師は、子育ての大変さを知っているからこそ、
後輩の女医たちが外科で働きやすい環境作りに力を入れています。

日本女性外科医会の役員に着任し、女性医師の意見を取り入れてもらうため、
精力的に活動しているそうです。

明石定子医師は、女性にとっての正義の味方ですね!

明石定子医師は小林麻央の主治医だった?プロフィールと夫や子供は!まとめ

現在、明石定子医師は、テレビの出演や取材などの仕事も多く、
外科学会の仕事も忙しくて手術は制限しているようです。

これからも女性の味方として、お子さんたちのお母さんとして、
頑張っていってほしいですね!