Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スポーツ選手

アレクサンダーズベレフの彼女が美人?コーチやラケットも気になる!

テニス界の若き新星!アレクサンダー・ズベレフ(Alexander Zverev)選手。

錦織圭選手の強力なライバルとして、テレビで試合を見かけた方も多いと思います。

ドイツ生まれで、まだ21歳ながら、フェデラー選手やジョコヴィッチ選手らの強豪トップ選手を破ったこともあり、現在世界ランキング3位で、いずれ世界のトップを狙える選手として、大いに注目されています。

しかも、金髪、長身のイケメンプレーヤーで、若い女性に大人気です。

当然、彼女がいてもおかしくはありませんが、その噂はいろいろ絶えないものの、本当のところは、よくわかっていません。

今回は、アレクサンダー・ズベレフ選手に彼女はいるのか、その真偽について検証しました!

アレクサンダーズベレフの彼女は誰?

アレクサンダー・ズベレフ選手は、長身でかなりのイケメンなので、相当モテると思いますが、現在彼女などはいるのでしょうか?

いろいろ調べてみると、様々な情報が飛び交ってはいますが、いずれも噂?の域を出ていません。

まず、ベリンダ・ベンチッチ(Belinda Bencic)というスイスのテニス選手と交際しているのではないかという噂がありました。

ベンチッチ選手は、1997年3月10日生まれで、ズべレフ選手と同じ21歳。

スイスが生んだ「天才少女」として名高いマルチナ・ヒンギス選手の母親の指導を受け、16歳にしてジュニアのタイトルを総なめにするなど、早くからすごい才能を発揮している選手です。

2015年には、当時世界ランキング1位のセリーナ・ウィリアムズ選手を破るなど、今後女子テニス界で間違いなく活躍する選手の一人と言われています。

身長175cmと高身長の美人タイプなので、ズベレフ選手とはとてもお似合いのカップルにも思えます。

2人は2015年くらいから頻繁に食事に行ったりしているところを目撃されたとも言われていますが、真相は定かではありません。

噂のもう一人は、同じくテニス選手でフランスのオセアン・ドダン選手です。

1996年10月24日生まれの21歳で、強打が武器で、200キロ近い強力なサーブと強気なショットが持ち味です。

ジュニア時代に目立った活躍はなかったものの、フランステニス協会の「秘蔵っ子の一人」と言われていて、今後の伸びが期待されています。

身長は183cmと、こちらも高身長の美人タイプなので、ズベレフ選手とは高身長カップルとして、お似合いかも知れませんね。

しかしながら、今のところ、二人共、確かな情報に基づくものではありません。

テニスでは、家族用の観客席によく選手の奥様や彼女がいるようですが、ズベレフ選手が試合をしている時に、彼女らしき女性は観客席で確認されていません。

時々、テレビカメラがボックス席で応援をする恋人やガールフレンドの姿を映し出すことがありますよね。

過去に、錦織圭選手を応援する「彼女」の観月あこさんの姿を、テレビカメラが映し出していたこともあります。

昨年8月、カナダのモントリオールで行われたロジャーズ杯で、ズベレフ選手の応援席で彼女らしい人物がいたとの情報がありました。

ズベレフ選手を応援する若い女性の存在が確認されたとか・・・。

これは、一大事!?と調べてみたところ、その女性は、ズべレフ選手の兄のミハイル・“ミーシャ”・ズべレフ選手の彼女ではないかということです。

結論としては、現在のところ、ズべレフ選手にはおそらくまだ彼女はいないと思われます。

「彼女」の存在は大いに気になるところですが、今は、テニスに集中されているのだと信じたいですね。

アレクサンダーズベレフの経歴とプロフィール

アレクサンダー・ズベレフ選手は、ドイツ・ハンブルク出身で、1997年4月20日生まれの今年21歳。

正式名は、アレクサンダー・アレクサンドロヴィチ・”サーシャ”・ズベレフ(Alexander Alexandrowitsch “Sascha” Zverevと言います。

名前から推察できるとおり、国籍はドイツですが、ロシア系です。

父、母共にロシア出身で、テニスプレーヤーでした。

父親は、アレクサンダー・ズベレフ・シニアと言って、世界ランキングは最高175位。

母親は、イリーナ・ズベレバ(Irina Zvereva)と言い、世界ランキングは最高22位だったので、かなりのレベルの選手だったのではないでしょうか。

両親は1991年にドイツに移住して、現在は共にテニスのコーチとして活動しています。

現在、ズべレフ一家はモンテカルロに居住していますが、ドイツとアメリカにも家があるそうです。

また、10歳年上のお兄さん、ミハイル・アレクサンドロヴィチ・“ミーシャ”・ズベレフ(Mikhail Alexandrowitsch “Mischa” Zverev)もサウスポーのプロテニスプレーヤーとして活躍しています。

2017年には、全豪オープンで当時世界ランキング1位のアンディ・マリー選手を破ってベスト8になって話題になり、世界ランキングは最高25位まで上げています。

ズべレフ兄弟でダブルスを組んで、デビスカップのドイツ代表に選ばれたり、ツアー優勝も果たすなどの活躍もしています。

このように、ズべレフ選手は、テニス一家に生まれ育ちました。

そのため5歳から英才教育を施されていて、2013年に16歳でプロデビュー、その年にあった全仏オープンジュニア男子のシングルスでは準優勝、翌2014年の全豪オープンジュニア男子シングルスで優勝するなど、早くから非凡な才能を発揮していました。

身長198cmの高さを生かした長身から繰り出すサーブが強烈で、ストロークもパワフル、
サービスを活かしたサーブ&ボレーが華麗なプレースタイルです。

しかも、バックハンド・ストロークは両手打ちなので、威力のある攻撃的なリターンも兼ねそろえています。

そして、何より女性ファンを魅了しているのが、金髪に端正な顔立ちで性格も優しそうな甘いマスクです。

まさに、「サーシャ」という愛称がぴったりのイケメンです!

ズべレフ選手の実際の性格は?というと、若くして英才教育を受けた事、厳しく指導されてきた事もあってか、精神的に強く、粘りを信条としたテニスをしています。

また、小さいときから負けず嫌いの性格だったようで、親が相手でも負けるのが嫌なので、勝つまでやるという向上心あふれる性格のようです。

ズべレフ選手は、2015年にはウィンブルドンへ出場し、グランドスラム(4大大会)初出場にして初勝利を手にするなど、着実にキャリアアップし、2年間で世界ランキング100位以内とスピード出世をし、その年は年間最優秀新人賞にも選ばれています。

2016年に入るとチリッチ選手を始め、フェデラー選手やワウリンカ選手などの大物選手を次々と破る活躍を見せ、才能が大きく開花しています。

さらにこの年は、2008年のチリッチ選手以来の10代でのATPツアー初優勝を飾りました。

そして、2017年には、フェデラー、ラオニッチ、ジョコビッチと並みいる大物を次々と撃破し、グランドスラムの次にレベルの高いマスターズ1000でも優勝を果たし、世界ランキングも急上昇し、若干20歳で世界ランキングトップ10入りを果たしたのです!

今年2018年に入っても、ツアー3勝を挙げ、通算でシングルス9勝(内マスターズ3勝)、
ダブルス1勝という目覚ましい成績で、世界ランキング3位にまで昇りつめています。

ズべレフ選手は、「テニス界の未来」という異名を持つ通り、ナダル選手も「テニス界の将来を担っているのがサーシャだ」 と一目置くほどの実力者に成長してきました。

今や、BIG4(フェデラー、ナダル、ジョコヴィッチ、マリー)を脅かす次世代のヒーローとして大いに期待されているのです。

ズべレフ選手が、近いうちにグランドスラム初制覇や世界ランキング1位も時間の問題だと見られています。

ズべレフ選手は今後、ケガなどに気をつけて、経験を積んで行くことでさらに安定感が増し、数年後には確実に世界トップの座に君臨する選手になっているのではないでしょうか!

アレクサンダーズベレフのコーチは誰?

アレクサンダー・ズべレフ選手のコーチは、長らく父親とお兄さんがされていたそうです。

コーチ代を払う経済的余裕がなかったとも、ジョコビッチ選手の前コーチのボリス・ベッカー氏にコーチを打診していて、そのためにコーチ代を貯めるために節約していたとも言われています。

世界を股にかけて戦うプロ・テニスの世界ですから、その活動経費だけでも相当の金額になるでしょうが・・・

それでも、いかにコーチ代が高くかかろうとも、ズべレフ選手ほどのこれから世界のトップを狙おうとする一流プレーヤーにとって、一流コーチの存在は不可欠です。

ただ、プレースタイルによって合うコーチと合わないコーチがいるので、コーチ選びは大変重要です。

ズベレフ選手の場合は、家族がコーチという環境ですので、コーチ選びには家族の意見も反映されるのでしょう。

昨2017年7月に、ズべレフ選手は、ようやくスペインの元世界ランク1位のJ・C・フェレーロ(Juan Carlos Ferrero Donat)氏をコーチとして迎え入れました。

フェレーロ氏は、1980年生まれで今年38歳。

現役時代は、ズべレフ選手と同じく右利き、バックハンド・ストロークは両手打ちで、16大会でタイトルを獲得しています。

2003年の全仏オープンで4大大会初の優勝、同年の全米オープンでも準優勝を飾りました。

それらの成績が認められ、同年9月のランキングで1位となりました。

その後は、2012年10月のバレンシア・オープンを最後に、32歳で現役を引退、通算戦績は479勝262敗。

デビスカップでは、スペイン代表として3度の優勝に貢献しました。

フェレーロコーチのもと、ズべレフ選手は自信をどんどんつけていき、北米シーズンではマスターズを含めて2タイトルを含む10連勝を達成しています。

特に、ロジャーズカップでは、それまで出場した大会でほぼ優勝を飾っていたフェデラー選手を完膚なきまでに叩きのめす勝利でした。

しかし、全米オープンでは2回戦で同世代のチョリッチに苦杯を舐めると、そこからは目立った活躍ができず、やや伸び悩みを見せるようになりました。

それでも2017年は、年間最終ランキング4位と飛躍の年となりました。

ところが、ズべレフ選手は、今年3月、アカプルコオープンの準決勝の記者会見中に、コーチであるフェレーロコーチとの決別を報告したのです。

突然の出来事でびっくりですが、一体、何があったのでしょうか??

スポンサーリンク

今年2018年シーズンでも、全豪オープンでは3回戦敗退を始め、他の大会でも早期敗退が目立っていました。

思い通りに伸びない自らの成績に、ズべレフ選手は不満を感じたのでしょうか。

ズべレフ選手とフェレーロコーチ共、お互いに言い分があるようです。

ズべレフ選手は、「フェレーロは最初から最後までよくやってくれていたと思う。しかし、彼はチームをリスペクトしなかった。礼に欠けていたと思うよ。うまくいってる時はそれでもいいのだが、現状を考えれば関係を解消するしか方法はないと考えたんだよ。」と語っています。

ここで気になるのは、「チーム」という表現です。

ズべレフ選手には、それまで、父や兄など家族がコーチを務めてきました。

すると、ここでいう「チーム」とは、ズべレフ一家ということになりますね。

つまり、一家でズべレフ選手を支えてきたということなのでしょうか。

とすると、フェレーロコーチの指導に家族が口をはさんでいたかも知れないことは十分に考えられます。

結局、フェレーロコーチと、ズべレフ選手の父や兄との関係が悪くなってしまったせいなのかも知れませんね。

一方、フェレーロコーチは、「ズべレフに言える事があるとすれば、もっとチームに敬意を払うべきだ、という事だろうね。練習に遅刻を繰り返すのはよくないよ。それと試合では自制心を持って挑むべきだろうね。彼は、最初は私の言う事に頷き、敬意を持って接していたんだよ。でも、結果が出て自信がつくようになると、私の指導に疑問を持つようになったのかも知れないね。」と語っています。

フェレーロコーチの言う「チーム」は、恐らくはズべレフ一家のことではなく、フェレーロコーチを含めたコーチ陣という意味でしょう。

確かに、ズべレフ選手は練習によく遅刻していたようですが、それを父親であるコーチは黙認でもしていたのでしょうか。

また、自制心に関しては、その言葉通り、ズべレフ選手が負け試合で必ずといってよいほど見せるラケット破壊を、フェレーロコーチも快く思っていなかった様子です。

結局、ズべレフ選手は、アカプルコオープンの準決勝では、何度もラケットに八つ当りし、やはりというか、ラケットを破壊して敗れていきました。

その後、コーチ招へい問題がどうなるのか、心配されましたが、この8月に、何と、元世界ランク1位のイワン・レンドル(Ivan Lendl)氏をチームに招へいしたことを、ズべレフ選手自身のインスタグラムで発表したのです。

イワン・レンドル氏と言えば、1980年代の男子テニス界に長らく王者として君臨し、ジミー・コナーズ、ビョルン・ボルグ、ジョン・マッケンローらと並び、男子テニスの歴史を通じて最も輝かしい黄金時代を築いた名選手・レジェンドの一人です。

レンドル氏は、昨年の11月に英国のアンディ・マリー選手と2度目のコーチ関係を終了していますが、コーチとして、マリー選手の2012年の全米オープン優勝と2013・2016年のウィンブルドン2回優勝を導いた実績を持っています。

新コーチのもと、ズべレフ選手が新たな飛躍を見せるかどうか、大いに注目ですね!

アレクサンダーズベレフのラケットのメーカーは?

アレクサンダー・ズベレフ選手が使用しているラケットのメーカーは、HEADです。

型番は、従来より「GRAPHENE XT SPEED MP LTD(スピード・ミッドプラス・LTD 231506)」、や「GRAPHENE TOUCH SPEED LITE(グラフィンタッチ スピード ライト) 231847」、「GRAPHENE TOUCH SPEED PRO」を使っていましたが、2017年ATPツアーファイナルから「SPEED MP BLUE LTD スピード ミッドプラス ブルー LTD 234208」を使っています。

このニューモデルのラケットは、メーカーがズベレフ選手の意見を取り入れ、彼の好きな色であるブルーを取り入れたデザインで、SPPEDズベレフスペシャルヴァージョンだそうです。

HEADの担当者から、「ジョコビッチの次を担う期待の若手」と期待されているのがよくわかりますね。

アレクサンダーズベレフがすごい時計を付けている?

アレクサンダー・ズベレフ選手が付けている時計が話題になっているので、調べてみると、スイスの高級ブランド「リシャールミル(RICHARD MILLE)」のものとわかりました。

2001年にフランスのリシャール・ミルが創業したブランドで、「腕時計のF1」をコンセプトに、軽量かつ極限状況でも使用可能な機械式腕時計を製造しています。

しかも、加工が難しいチタンなどを用いた特殊な部品を多用していることなどから、ほとんどの製品は1千万円以上と高額で、全て限定品販売のため、一般には入手困難とされています。

ズベレフ選手が昨年5月のイタリア国際優勝の時に着けていた時計が「RM27-01」というモデルで、値段はなんと8千万円以上といいますから、「すごい」の一言に尽きますね!

ズベレフ選手はリシャールミル社とアンバサダー契約していますが、たぶん定価で買えるくらいは楽に稼いでいるのでしょう。

実は、ナダル選手も2010年からリシャールミルのアンバサダーです。

ナダル選手が付けているのは、本人のなんと名前入りモデルで、お値段は約1億円。

間違いなく、リシャールミルの中でも最高額クラスでしょう。

リシャールミルの時計には、ナダル選手と共同開発して、ラファエル・ナダルの名を冠しているモデルがたくさんあるそうです。

さすがに、上には上があるものですね。

他にも、有名アスリートがリシャールミルの時計を着けてプレーしています。

元バスケット選手のマイケル・ジョーダンやサッカーのネイマール選手、また俳優のシルベスター・スタローンなどスゴイ人ばかり!

まだ創業して16年ながら、今や「成功者の時計」と言われるトップブランドで、世界の様々なセレブが付けています。

日本では、ゴルフの宮里優作選手や有名プロデューサーの秋元康さん、歌手の郷ひろみさんなどが付けています。

デザインだけでなく、機械部分も相当こだわって作られているそうなので、メカマニアにも人気が高いそうです。

リシャールミルは安いモデルでも軽く1千万以上するので、一般庶民には到底手が出ませんが、一度はお目にかかってみたい時計ですね。

それにしても、そんなに高い腕時計をしながら、テニスの試合をしているのかと思うと、ズべレフ選手って、別の意味でも、本当にすごいですね!?

万一、ボールが当たって、時計が破損でもしたら・・・、なんて心配する庶民感覚とは、別次元の感覚の持ち主なのでしょう・・・。

アレクサンダーズベレフの年収はどのくらい?

アレクサンダー・ズベレフ選手の、現在の年収はどのくらいなのでしょうか?

何しろ、8千万円以上もする超高級腕時計を付けながら試合をするぐらいですから、相当の
収入があるはずです。

2017年は、優勝5回、準優勝1回、今年もすでに優勝3回、準優勝2回と、着実に成績を上げ、2018年8月27日現在の男子賞金ランキングでは、ナダル、フェデラー、ジョコヴィッチに次ぐ4位で、4,513,524ドル(約5億円)を稼いでいます。

これにスポンサー収入を合計すれば、軽く10億は超えるでしょう。

ちなみに、錦織圭選手は,昨年、フェデラー(約70億4千万円)、ジョコビッチ(約41億2千5百万円)に次ぐ約37億3千万を稼いでいます。

ズべレフ選手も、このまま順調に活躍し続けて、グランドスラムのタイトルでも取れば、スポンサーも増え、年収も飛躍的に増加するのは間違いないでしょう。

アレクサンダーズベレフについてるスポンサーって?

アレクサンダー・ズベレフ選手には、現在4社がスポンサーについています。

契約金額は全て非公開ですが、いずれも、ズベレフ選手への大きな期待度がわかるというものです。

まず、ウェアを提供してもらっているAddidas。

ズベレフ選手は、以前はNikeのウェアを着用していましたが、2016年2月(当時世界ランク78位)からAdidasとのスポンサー契約を開始しています。

当時のジュニアランクではナンバー1で、次世代を担うスター選手として注目を集めて、契約に至ったのです。

この契約は、当時のAdidasの広報から「Adidas Secures Tennis Ace」とう見出しでプレスリリースされ、将来のスターとの契約を見事に獲得できた、といった並々ならぬ期待が込められていました。

これにより、T・ベルディヒ(チェコ)、J・W・ツォンガ(フランス)、N・ジョコビッチ(セルビア)、女子ではC・ウォズニアッキ(デンマーク)、S・ハレプ(ルーマニア)らのスター選手と並んで、Adidas Teniss Familyの一員となりました。

次に、ジョコビッチ選手も使用しているラケットのHEAD。

兄のミーシャ選手と共にスポンサー契約を結んでいます。

ズべレフ選手とHEADの関係は、彼がテニスを始めた5歳のときから緊密に続いています。

ジョコビッチ選手同様、ズベレフ選手もHEADの製品開発者と定期的に会い、革新的なラケット、ストリング、アクセサリーの開発をサポートしてもらっています。

そして、高級腕時計のリシャールミル(RICHARD MILLE) 。

2016年6月より、同ブランドがミュンヘンに新店舗を出店した数日後に、リシャールミル・ファミリーへの参加が発表されました。

それから、フランスの自動車メーカーのプジョー(PEUGEOT)。

2017年3月より、F・M・デルポトロ(アルゼンチン)と共にプジョーと契約を締結しました。

ウェアの袖部分に「PEUGEOT」のネームがプリントされているのに、気が付かれた方もいるでしょう。

ちなみに、錦織圭選手には現在17社のスポンサーがついているそうなので、ズべレフ選手も今後の活躍と共に、スポンサーは大いに増えていくでしょうね。

アレクサンダーズベレフの彼女が美人?コーチやラケットも気になる!まとめ

今回は、アレクサンダー・ズベレフ選手に彼女はいるのか、という真偽についてまとめました。

彼女についての噂はいろいろ出回ってはいますが、いずれもその真偽のほどは確認できていません。

少なくとも「特定の彼女」というほどの存在は、まだいないようです。

若干21歳!これからますますの伸び盛りです。

今のところは、世界のトップを目指してテニス一本に集中!?していると思った方が良いのかも知れません。

今後もアレクサンダー・ズベレフ選手の活躍に大いに注目するのと同時に、試合の際にはそれらしき「彼女」の姿がないかどうか、応援席にも注目です!